量子力学で見る「氣」

氣の本質は『情報』です

情報空間とは、簡単にいうと、頭の中で考えている空間のことです。

気の本質が情報だということ理解すると、気功とは、情報の載せ方、情報の伝え方の方法論であるとわかります。「功」 とは、方法という意味だった のです。さらに、気は無限に存在することもわかります。情報空間から、いくらでも気というエネルギーを取り出せるからです。物理空間の気を「先天の気」「後天の気」というのに対して、情報空間の気を「秘伝の気」といい ます。

苫米地英人. お釈迦様の脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか?

九氣健康法講座

身体は質量をもった量子で構成され、その量子は波であり、紛れもなくこの次元に存在する物質です。
しかし、波の振る舞いをする量子は”意識的に観測”しない状態では観測されないことから、私たちの常識は身体の物理空間からなかなか切り離せません。つまり、眼に見えるものを現実と思い込みます。
でも、生命エネルギーが満ち溢れているのは精神空間なのです。

物質空間と言われる世界は、可視化できる波の周波数帯領域に閉じ込められているだけです。
精神空間(情報空間)と言われる世界は、その周波数帯が異なっているだけの問題であって、物質空間と同じ空間に存在しています。

ですので、私たちは”肉体”という物質空間を利用して、精神空間にある生命エネルギーを活性化することで、肉体的にも精神的にも豊かな人生を送れることになります。

九氣健康法の講座開設を計画しておりますので、少しだけお待ちください。