ふたりヨーガ足踏みセラピー

”二人ヨーガ足踏みセラピー”の原点 “楽健法”との出会い

私が「楽健法(らっけんほう)」に出会ったのは、今からもう15年近くになります。

ひょんなきっかけから、楽健法の施術ビデオを拝見することになりました。
当時はまだVHSカセットでしたね。( ´∀` )

そのビデオは、受術者(セラピーを受ける側)のモデルが私の妻の古くからの友人で、香港に住む女性アロマセラピストでしたが、後ほど紹介する楽健法創始者と彼女がペアとなって、楽健法を紹介する為に制作されたものでした。

妻のその友人は、昔から感受性がとても豊かで、直観で受術者の不具合状態を正確に感じとることができる人でした。

その彼女が、長年にわたりアロマテラピーを体調不良の方々に施術していても、いったんは改善するのですが、数週間もすると体調不良が再発し、また施術依頼に彼女のもとに戻って来ることが多くあったそうです。
彼女はそれをたいへん気になっていたそうです。

そこで、各種のセラピーにとても研究熱心だった彼女が、最後にたどり着いたものが、「楽健法」だったということです。

”二人ヨーガ・楽健法”と称される「楽健法」本部が作成されるサイトを紹介します。https://www.begin.or.jp/~ytokoji/rakkenho/index.html

さて、楽健法の紹介です

まずは、「楽健法」の創始者であり、奈良県桜井市にある真言宗磐余山(いわれさん)東光寺住職である山内宥厳(やまのうちゆうげん)氏をご紹介しなければなりません。

厳宥和尚(私は勝手にそう呼ばせて頂いておりましたが)は、御年86歳になられても、今年の健康診断で受診した医療機関から『どっこも異常なし!」とのお墨付きをもらえるほどにご壮健とのこと。
流石は楽健法創始者です。

私が和尚が主催される「東京楽健法研究会」楽健法東京教室」の門戸を叩いたのが確か2007年でした。
その教室では毎月1回ワークショップが開催され、奈良から厳宥和尚様が水道橋教室に楽健法を伝授されに来られました。

それからすでに15年が経過していますので最新情報とは言い切れませんが、「東京楽健法研究会(水道橋教室)」にご興味がある方は以下のサイトURLから情報をお探しください。
https://www.begin.or.jp/~ytokoji/rakkenho/tokyo/suidobashi2012.html

楽健法のセラピー概念

さて、そもそも論としての楽健法がなぜ健康法となるかについて、厳宥和尚の考え方を私流の解釈も加えてお伝えしたいと思います。

その為には、まず「管理」と言う概念から和尚は説明を始めます。

現代社会で私達が生きてゆく環境(会社や学校での人間関係、また近所付き合い等)では、様々なルール(不文律を含め)により「管理」されています。

その管理社会では私達は無意識にストレスを感じており、心身は知らずと緊張を強いられています。

その結果、私達の身体はまるで目には見えない「無数の管(くだ)」でがんじがらめに縛られているかのように筋肉が萎縮し、人がもって産まれて来た柔軟な身体対応力が発揮され得ない状態に陥ることがしばしば現れます。

それが身体内で”コブ”や”凝り”の様な状態(最近では潜張[せんちょう]と呼ばれる症状)となり、筋膜の癒着、内臓のうっ血となり、原因不明の体調不良が続く原因の一つとなっているようです。

そもそも「管理」の〖理〗とは

そもそも「管理」の〖理〗とは、おさめる・おさまる・ことわりの意味で、物事のすじめを立てる、と言う意味だそうです。

つまり、私たちの身体と精神を正しく「管理」するには、その無数の管(くだ)を正しく元の位置におさめる様に解きほぐす必要がある、と解釈できるのではないでしょうか。

その為に、楽健法では施術者の足裏で、受術者(施術を受ける側)の凝りのある部位を主として全身に圧をかけて(楽健法では「踏む」と表現していますが)、その凝りを解きほぐすセラピーなのです。

ABOUT ME
小熊 九太朗
25歳の時に、三菱重工キャタピラー部門の技術管理者から実業家となった父の薦めで、日本の気学の宗祖 “園田真次郎師” 直系ご子息”故・矢島滋規氏”より、陰陽学・九星術・十干十二支を基本とする気学を学ぶ。 その後、父の急死から、中小企業経営を継承し、50歳を機に「気学」研究をさらに深める。易学、四柱推命(八字)、中医学も併せて学び、自身の企業経営(東京、秋田、シンガポール、バンコック)に活かしています。 鑑定の多くは、日本の中小企業経営者様の経営相談が主となっています。 その他の活動として、「楽健法」を主体とした健康法~楽健法とメタフィジカルな視力~を探求しています。
九氣健康法講座

身体は質量をもった量子で構成され、その量子は波であり、紛れもなくこの次元に存在する物質です。
しかし、波の振る舞いをする量子は”意識的に観測”しない状態では観測されないことから、私たちの常識は身体の物理空間からなかなか切り離せません。つまり、眼に見えるものを現実と思い込みます。
でも、生命エネルギーが満ち溢れているのは精神空間なのです。

物質空間と言われる世界は、可視化できる波の周波数帯領域に閉じ込められているだけです。
精神空間(情報空間)と言われる世界は、その周波数帯が異なっているだけの問題であって、物質空間と同じ空間に存在しています。

ですので、私たちは”肉体”という物質空間を利用して、精神空間にある生命エネルギーを活性化することで、肉体的にも精神的にも豊かな人生を送れることになります。

九氣健康法の講座開設を計画しておりますので、少しだけお待ちください。