小熊式 足踏みセラピー

『足踏みセラピー』が”二人ヨーガ”と呼ばれる理由

ご夫婦間のボディコミュニケーションについて

日本政府は、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを2023年5月8日から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げることなどを決定したそうですが、それでもコロナ禍で在宅勤務やリモート勤務が通常化したことから、家庭内コミュニケーションの取り方に戸惑いが生じている人が多くなって来ているようです。

その戸惑いの中でもっとも大きなものは、「家族関係の変化」と「コミュニケーションの取り方」だそうです。

家族関係の変化:家族が長時間一緒に過ごすことになるため、日常のストレスやマイナスな感情が表面化することがあります。

コミュニケーションの問題:在宅勤務で家族が一緒にいる時間が増えると、コミュニケーションが必要になりますが、家族内コミュニケーションの取り方やコミュニケーションのスキルが違う場合があります。

今回は特に、ご夫婦間のボディコミュニケーション方法として、私がご紹介したいのが、『二人ヨーガ足踏みセラピー』です。

『二人ヨーガ足踏みセラピー』とは?

このブログページで分かること

  1. 心身ともに健康的に生きるセラピースキルとは
  2. 身体が発する情報を、精神の情報に変換できるスキル

”ヨーガ”と言っても、フィットネススタジオでやる様なヨーガレッスンではなく、手や指を使わずに足の裏でじっくりと相手の身体部位足裏やふくらはぎ、背中や肩、胸や腕など)に圧を加えながら、お互いが心身共にリラックスした状態になれる、いわゆる中医学で言う“気血水”の滞りをからだ全身に巡らすセラピーです。

また、このセラピーでは、受術者(セラピーを受ける側)に床に横たわってもらい、施術者(セラピーをする側)が立位の状態で自分の片足裏で受術者の各部位に自重(自分の体重)で圧を加えていくものです。

ですので、特別なスキルも知識も必要がなく、まして治療ではけっしてないので、いつでもどこでも気軽にご夫婦やカップルでボディコミュニケーションの一つとして行えるのです。

なぜ”二人ヨーガ”と呼ぶかと言うと、このセラピーを数をこなすことで、施術側も受術側も、まるで”ヨーガの瞑想”に入ったかのようにリラックスできるのです。
特に床に寝ている”受術側”は、心地良さのあまりそのまま寝入ってしまうほどです。
また、立位で行っている”施術側”も、受術者と呼吸を合わせることで、心身共にリラックスし、相手との一体感を感じることで信頼と親愛の情が生まれます。
そして、この立場をお互いが交代して行うことから、文字通り” 二人ヨーガ ”と言い得ているのです。

加えて、(不思議なことに)自分の足裏で自重を相手の身体の部位に圧をかけることで、相手の身体状態から心の状態を感じ取ることができるまでになれるのです。

まさに『心身から理解し合えるコミュニケーション方法』だと私は思います。

” 『二人ヨーガ足踏みセラピー』  の一例です

ご自身の自重(自分の体重)を、施術を受ける相手に預ける様な感覚です。
けっして、”踏み込む”や”踏んづける”といった感覚ではありません。
ましてや、治療などではけっしてありませんので、ご留意ください。

この様に、相手側に自重をあずける事に慣れていくと、ご自身の心身の状態をも感じ取ることができる様になります。
それにより、今まで経験できなかった”二人磨き”のコミュニケーションが高まります。

先ずは、「習うよりは慣れろ」から始められては如何でしょうか?

今後は、部位に即した”『二人ヨーガ足踏みセラピー”  をお届けしたいと思います。

ササササ ”〆'(ェ)’*)  小熊九太朗でした。

ABOUT ME
小熊 九太朗
青山学院大学経営学部卒業後、実父が運営する会社で経営に携わる。25歳の時に父の薦めで会社運営の傍ら、 日本の気学の宗祖 “園田真次郎師” の直系ご子息”故・矢島滋規氏”より、陰陽学、易学、九星学、十干十二支学を基本とする氣学を学ぶ。 その後、父の急死から、企業経営を継承し、45歳を機に「気学」研究をさらに深める。 従来の気学に、中医学(経絡)や筋膜リリースの要素もも研究に加え、易学と四柱推命も合わせた「気学教室」、「五行セラピー学セミナー」などを、東京・シンガポール・バンコクなどで開催の実績あり。 占い師養成スクール講師、個人鑑定歴は20年以上に及ぶが、占い師に頼らない潜在意識への“気付きツール”、また医薬に頼らない”家庭の養生法”として、すべての人に気学を身に着けていただきたいと言う思いから、わかりやく気学を解説するように心がけている。 現在は秋田県に在住。
足踏みセラピー講座

身体は質量をもった量子で構成され、その量子は波であり、紛れもなくこの次元に存在する物質です。
しかし、波の振る舞いをする量子は”意識的に観測”しない状態では観測されないことから、私たちの常識は身体の物理空間からなかなか切り離せません。つまり、眼に見えるものを現実と思い込みます。
でも、生命エネルギーが満ち溢れているのは精神空間なのです。

物質空間と言われる世界は、可視化できる波の周波数帯領域に閉じ込められているだけです。
精神空間(情報空間)と言われる世界は、その周波数帯が異なっているだけの問題であって、物質空間と同じ空間に存在しています。

ですので、私たちは”肉体”という物質空間を利用して、精神空間にある生命エネルギーを活性化することで、肉体的にも精神的にも豊かな人生を送れることになります。

九氣健康法の講座開設を計画しておりますので、少しだけお待ちください。